がん細胞が 血液の鉄分を 取り込み

がん患者を 貧血にします

がん細胞は 免疫細胞の攻撃から守るため 血液の鉄イオンを取り込み 鉄イオンの鎧で がん細胞を囲みます 免疫細胞(強磁性鉄イオン)は 磁気の活性酸素毒の 酸化作用でがん細胞に勝ちます

gan.jpg

がん細胞は免疫細胞の攻撃を守るため、 鉄イオンの鎧で囲みます。このためが ん患者は「貧血」になります。免疫細 胞(強磁性鉄イオン)は磁気の「活性 酸素毒」の酸化作用でがん細胞に勝ちます。

映画・テレビ・音楽の、倍音の激しい響きは、熱に弱いがん細胞が発熱、消滅します。がん患者は、身体へのがん細胞が死滅する響きを嫌うのです。我慢して2~3時間身体に響かせると、がん細胞が発熱 がん臭を発生させ、体温が37.5℃以上に不思議に上昇します。 びっくりです。

上:がん化した細胞

​下:正常な細胞

諸行無常の鐘の波動の響きは ヘモクロビンと鉄、 磁気を融合し赤く染めて 血液を誕生させます がん細胞の鉄イオンの鎧を  銅の響きは  破壊し自己免疫力で勝つ

がん細胞を敵にして、がん細胞と元気な細胞を抗がん剤で殺す治療法は古い技術です。身体の持つ免疫力が低下し、死を早めるからです。健康な細胞もがん細胞も身体の大切な細胞です。音楽の響きで細胞を38℃に温め、血液(強磁性鉄イオン)の磁気を高めると、自己免疫力が高まり、熱に弱いがん細胞が発熱、自然に消滅します。脊髄の中のリンパ球、血液、骨髄液を温めると免疫力が高まります。リンパ球を温めることで免疫力を高め、リンパからがんの転移を防ぎがんに勝ちます。

がん難民のたどり着く 聖地は

諸行無常の鐘の波動の響きでがんに勝つ

ゼロ磁場 音響免疫療法

認知症は諸行無常の 鐘の波動の響きに学んだ 映画・テレビ・音楽の響きで 自己免疫力で治す時代です
日本は高齢者社会  65歳以上 3,514万人  医療費は一人 929,000円  25兆円 税収入は50兆円 高齢者医療で日本は破綻します

gan.jpg

がん難民とは、放射線療法、外科手術、抗がん剤治療の3大療法をやり尽してしまった人のことを言います。がん難民の数は、がん患者の約53%、に相当するという調査結果もあります。(日本医療政策機関調べ)。がん再発者、末期がんの患者さんなど、西洋医学では施す手段もない状態とも言われます。 現在のがん治療は、検査・・・「がん」を発見したら、がんだ、がんだと大騒ぎ。心の不安とストレスで病状を悪化させます。がん患者を発見したら、病院で抗がん剤、 手術、放射線と、 さんざん治療でいじられ、 末期がんとなり、医者に見放され、最後は緩和ケアに行くか、がん難民となり自宅へ帰されるかです。がん難民となり、自宅へ帰された  がん患者の皆さまから、私たち患者の会は多くを学びました。 がんは細胞の病気です。がん細胞もあなたの細胞の一部です。 がんと闘うのではなく、がん細胞をいじめないで、優しく一緒に温め、幸せにする事が大切です。 

乳がんは リンパ球  血液を38℃に発熱 シンキングボウルの鐘の波動の響きで 自己免疫力で治す時代です

乳がんは  リンパ球・血液・細胞を発熱 熱に弱いがん細胞を  発熱させ自己免疫力で消滅させます

背中から胸部・乳腺へと打ち抜く、羊水の激しい響きを浸透吸音し、乳部を胎児のように38℃に温め、乳がんに勝つ羊水エンターテイメント療法です。乳がんの治療で西洋医学はリンパ腺を手術で取り除きます。リンパ腺を取り除くことは間違いです。リンパ液を38℃に温め、リンパからの転移を防ぎ、熱に弱いがん細胞を自己免疫力で消滅させます。がん細胞は鉄イオンを多く取り込んでいます。血液の中の白血球・赤血球を温め、鉄イオンを活性化することで細胞を正常化させることが乳がんの治療には大切です。乳がんに勝つにはリンパ球・血液を38℃に発熱させ、自己免疫力で排除する世界で初めてのエンターテイメント療法です。がん細胞は発熱させると好転反応で腫れることがあります。変化が起き、改善の過程なのです。

nyugan.jpg

乳がんで「がん」と闘うリンパ節を切除するのは 間違っている

西洋医学は乳がんの治療として、リンパ節を手術で取り除きます。 リンパ節を取り除く西洋医学は間違っている。 脊髄の血液、リンパ球を38℃に温める映画・テレビ・音楽の響きの科学、羊水の響きは、血液、リンパ球が発熱、熱に弱いがん細胞、リンパ球、血液を38℃に温め、自己免疫力でがん細胞を消滅、リンパ節からの転移を防ぎ、がんに勝つ体質にします。 体温を1℃上げると、ウィルスを殺す免疫力が5~6倍になるとアメリカのアルバート・アインシュタイン医科大学が発表しています。がん細胞が最も活発になるのは35℃と言われています。血液を39.2℃に上昇させるとがん細胞は自己免疫力で死滅します。

がん患者に 抗がん剤を使うな!

がんの専門医は、家族や自分に抗がん剤を投与しないという話は有名です。抗がん剤投与は、患者の生命を弱らせ、寿命を短くしてしまうという危険が極めて高いことを、がん専門医は見ているからです。「抗がん剤ではがんを治せない」は常識。それが分かっていても、病院の利益のために、患者の死を早めてまでも抗がん剤を投与するのです。抗がん剤でがんは治せますか? という質問に対して、厚生労働省のがんの専門技官は、「抗がん剤ががんを治せないのは常識」「抗がん剤は猛毒である」「抗がん剤は強い発がん物質である」「抗がん剤は臓器の癌を発生させる」「がん細胞は薬に耐性を持つ」と、これら事実をあっさり認めたのです。(徳間書店:船瀬俊介「知ってはいけない」から引用)。がん検診は市場開拓の罠、がん検診は受けてはいけない。「えっ?」という返事が返ってきます。職場健診、人間ドックなど検査システムが推奨されていますが、日本のがん治療は検査機器が進んでいるだけで、がんに勝つ自己免疫療法は開発されていません。がん検診で患者を探しだす、抗がん剤投与のお金儲けの病院の手段です。アメリカの最新医学は、抗がん剤や、放射線の治療から抜け出しつつあります。日本だけが、がん死亡率が上昇し続けています。アメリカはがん死亡率を減らすことに成功しました。アメリカで売れなくなった抗がん剤の販売先が日本になっています。

諸行無常の鐘の波動の響きでガンに勝つ時代

gan_book.jpg

抗がん剤投与をやめたら、「病院」「製薬会社」「医師」「医療従事者」の経済問題になるからです。抗がん剤治療の利権構造は、16兆円と言われています。抗がん剤の利権構造がいかに大きいかお分かりですか?さらに、アメリカは中華医療の比重を高くする国家プロジェクトを行っています。私たちはがんに勝つ自己免疫療法を開発、抗がん剤で殺されない為に「NO! 抗がん剤 ゼロ磁場ならがんも怖くない音響免疫療法学会」を設立しました。メディカルコンサルティングを検索してみてください。多くの医療経営コンサルティングが存在します。がんに対応し利益追求の戦略や、がん患者への対応をMBAを取得した経営コンサルタントがお金儲けの医療を医師に指導しています。お医者さんは患者の生命より、病院の利益を優先させています。がん専門のお医者さんは「抗がん剤を投与しないと、本人の意志でやめても、家族から訴訟された場合、裁判で殺人罪で負けてしまう。」と語られます。

がん専門医の多くは  家族や自分に 抗がん剤を投与しない

doctor.jpg

がん専門医は自分や家族に抗がん剤を投与しないという話は有名です。がん治療に抗がん剤の投与は、がん克服に役立たない事が明らかになってきました。患者の生命を弱め、寿命を短くしてしまいます。この危険な事実をがん専門医は見ているからです。病院は利益の為、がん患者の死を早めても抗がん剤を投与します。今までがんに勝つ自然療法は無かった。世界で初めて開発された、羊水の響きに学んだ音響免疫療法は、胎児の様に血液、細胞、リンパ球を38℃に温めます。羊水の響きの科学は、熱に弱いがん細胞を自己免疫力で勝つ、身体に害の無い自然療法です。ゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法の、がん細胞を37.5℃から39℃に温める羊水の響きを、ぜひがん患者の皆様に体験して頂きたいと願っています。

マラリアの高熱は がん細胞を殺す

イタリアのボンティン沼周辺の マラリアの多い地域には  がん患者がいなかった

mararia.jpg

イタリアのボンティン沼周辺の人々には数百年間、がん患者がいなかったそうです。そこでイタリアの医者グループが原因を調べてみたところ、その沼にはマラリアの病原菌を持った『蚊』が多数生息していることが分かりました。マラリアにかからないように周囲の人が沼を埋め立ててしまった後は、マラリアにかかる人はいなくなりましたが、がん患者が急激に増加したそうです。つまり住人達は日常的に『蚊』に刺されてマラリアにかかり、高熱を出していたのです。その高熱が、がんの予防につながったというわけです。 胎児を38℃に温め、胎児の尿を浄化、水分80%の細胞を育てる羊水の響きに学び、温熱感受性の熱に弱いがん細胞を、自己免疫力で治す方法を、羊水の響きを研究する過程で発見しました。原理は、マラリアの高熱でがん細胞を殺すイタリアのボンティン沼周辺の人々から、がんに勝つ自己免疫療法を学んだのです。

アメリカは  チベタンボウルの身体への骨導音の響きは  健康保険の対象です
チベタンボウルの倍音の 骨導音の響きは 身体が発熱  熱に弱いがん細胞を消滅させます

sinkingball.jpg

西洋医学が、なぜマラリアの高熱が熱に弱いがん細胞を自己免疫力で消滅させる方法を研究しなかったのか・・私達には不思議でした。薬を使わないで、体温を高め熱に弱いがんに勝つ自己免疫力の開発は、いくら効果があってもお金にならないからです。西洋医学は、薬と検査が全てのお金儲けが第一優先だからです。私達、がん患者中心のゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法患者の会は、映画・テレビ・音楽の羊水の響きで身体を38℃に温め、熱に弱いがんに勝つ素晴らしい自己免疫療法を、テレビ・新聞のマスコミの皆様が取り組まないことが不思議でした。テレビ・新聞の大口スポンサーは製薬会社です。国民を助ける自然療法を無視し、報道規制を行い製薬会社の利益を大切にしています。マスコミは、会社の利益を追求し皆様の健康を無視している、これが現実です。ジャーナリズムの原点は、反体制です。日本に真のジャーナリズムがないということを私達は実感しました。日本の政治家は選挙に勝つ為に医師会に弱く、言いなりになり、正しい命を守る方法が、選択できないのが現実です。私達は怒りを感じています。 ゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法患者の会には、現在6万人の会員がいます。会員を増やし現在の医学を変える組織にしたいと思っています。