イエス・キリストが生命に 奇跡を起こした ゼロ磁場の聖地  エルサレムで施した 磁気療法「手当」は 心と身体を幸せにし病気を治しました

2021年前(西暦)イエス・キリストはゼロ磁場の聖地エルサレムで  生命に奇跡を起こした 磁気療法手当で  心と身体を幸せにし病気を治しました  エルサレムは人類を誕生させた グレートリフトバレー(大地溝帯)の地磁気の強い ゼロ磁場の断層地帯にあります イエス・キリストはゼロ磁場の断層地帯エルサレムで地磁気を身体で感じ   磁気療法手当で生命に奇跡を起こしたのです

イエス・キリストは13歳〜29歳まで  インド・チベットを旅し 磁気の霊性を持つ  高いレベルの僧侶 「神の子」だったのです

kirisuto.jpg

イエス・キリストは33歳で処刑されましたが、空白の17年間と呼ばれる、謎の期間が存在します。13歳〜29歳までの間、イエス・キリストは、何処で、何を、していたのかの記録が全くありません。実は、キリストは、仏教僧イッサ(ISSA)イエスだったのです。インド北部、ラダックの「レー」にある、仏教僧院で、発見した書物「聖イッサ伝」に、イエスは、高いレベルの、僧侶であり、歴代ダライ・ラマを凌ぐレベルの磁気を持つ、霊性を備えた「神の子」だったと言われています。イエス・キリストは、インド、チベット、アフガニスタンを旅し、チベットのゼロ磁場  磁気エネルギーを、心と身体で感じ、磁気療法 手当を学んだのです。 イエス・キリストは、ヒンドゥー教、バラモン教に目をつけられ、ヒマラヤ山脈の奥深く隠れ、さらなるゼロ磁場磁気エネルギーを学んだと記されています。仏教と、キリスト教は、驚くほど似ており、手当、手かざしなどお互いに無視出来ない共通点があるのは事実です。釈迦は2600年前チベットで生まれ、諸行無常の鐘、チベタンボウルの響きと、ゼロ磁場で、悟りの境地に導かれました。(BBC英国国営放送2007年)

キリスト教を愛するの信者の皆様 エルサレムで施した 磁気療法「手当」を 音響ルームで体験されることをお勧めします

イエス・キリストの手当てと磁気エネルギーを音響ルームで体験してください

心の「魂」が  磁気共鳴しない相手には手当てを行いません効果が生まれない

イエス・キリストの手当と、中華医学の気功は、相手を思う気持ちを信頼し、受け手が、磁気共鳴しあうことで、お互いの間に、ゼロ磁場が生まれた時、心と身体を幸せにし、病気を治す素晴らしい効果が生まれ、生命に奇跡を起こします。イエス・キリストは、磁気共鳴しない、相手に手当を行いません。効果が生まれないからです。気の磁気エネルギーを扱う人は、高い人間性と、道徳が求められます。脊髄に響く、骨導音は、心臓の鼓動を高め、血流を良くし、血管と血液の摩擦熱で、血液(強磁性鉄イオン)の磁気を高めます。音響免疫療法の音響チェアは、響きの摩擦熱で、音響ルームにN極、S極を示さない、神秘なゼロ磁場の磁気を発生させます。

kirisuto_jiba.jpg

イエス・キリストは ゼロ磁場の聖地 エルサレムで十字架現象を心で感じました

イエス・キリストが身体で感じた十字架はゼロ磁場の磁気エネルギー現象です。十字架の発生はN極S極を示さない磁気がお互いに打ち消し合う磁場に生まれます。磁気エネルギーで十字架が発生します。キリストは磁気エネルギーの十字架現象を心と身体で感じていました。開発者西堀貞夫は、響きの磁気エネルギーがゼロ磁場を作り十字架現象を生み出す神秘的な現象を再現しました。十字架はゼロ磁場の聖地にあります。ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法は聖地ゼロ磁場が音響ルームに生まれます。ダビデはサウルのうつ病を竪琴の響きで治したとされています。(旧約聖書サムエル記)教会はパイプオルガン、バイオリンの響きで祈りの心と信仰心を高めます。

kirisuto_jyuji.jpg