中国政府は 糖尿病・ 高血圧・がんを薬を使わず 「釈迦の 諸行無常の鐘の波動の響き」の音響チェアーを 国策としてして採用しています

中華人民共和国  解放軍総医院301と共同で 映画・テレビ・音楽の 急所脊髄の 響きでがんに勝つ中華医学『ゼロ磁場音響免疫療法』を進めています

杭州 浄慈寺の高僧と西堀貞夫は  誕生日1月16日に中国政府の招待で 空海の輪廻転生の  生まれ変わりとしてお会いしました

tyugoku.jpg

諸行無常の鐘の響きと、お母さんの羊水の波紋の響きは、胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。羊水の響きは、電子レンジの電磁波と同じ波紋の響きの仲間です。お母さんは、安全な電子レンジで胎児を38℃に温め、尿で汚れた羊水を浄化します。羊水の響きに学んだ、胎児の尿を浄化する、音響免疫療法は、糖尿病・高血圧で汚れた血液をサラサラに浄化します。 脊髄から心臓への諸行無常の鐘、チベタンボウルの鐘の音響チェアの響きは、心臓の鼓動と同調、脈動を高め血流を良くします。血液(強磁性鉄イオン)と血管との摩擦熱は、ドロドロに汚れた、糖尿病・高血圧の血液を温め、サラサラに浄化、酸化した血液を黒鉄に変え、血液の磁気を高めます。 血流を良くし、血液循環作用を高めます。病院の検査でデータで確認できます。

中国の要人が日本の有名病院にがん患者として入院、抗がん剤投与で“玄関から入り、裏口から出て行った”多くの結果にびっくり、日本の薬漬けの西洋医学に疑問を持ったのです。中華人民共和国が日本で探し求めたのが私たちの中華医学『ゼロ磁場音響免疫療法』だったのです。中華医学は手術を受ける患者の急所に「針」をうち、生体麻薬作用でモルヒネを注射しません。 中華医学・気功は5000年の歴史です。気功の磁気エネルギーを研究する過程でイエス・キリストが施した手当てと中華医学の気功は同じ生体磁石の磁気を応用、相手と磁気共鳴しあう事で心と身体を健康に導く神秘的な磁気エネルギー療法である事を、血液の磁気を測定するMRI(磁気共鳴画像法)で科学的に解明しました。私たちの開発したゼロ磁場磁気エネルギー療法は人間の持つ生体磁石の1000倍以上の気の磁気エネルギーが発生、心と身体を健康に導く中華医学の最先端療法です。

taikyokuken.jpg
koutei.jpg

仏教の原点は  悟りの境地に導く  諸行無常の銅の鐘の響きです 私たちの血液 (強磁性鉄イオン)は  銅がヘモクロビンと鉄を結合させ  血液を赤くします  銅がないと鉄がヘモクロビンに変換できないのです

銅の響きは 人間の血液の 磁気を高めます

dounokane.jpg

銅の鐘の響きは、酸化した血液(酸化鉄)を黒鉄(二化鉄)に変え、血液の磁気を高めます。磁気エネルギーの高まりは、超能力、テレパシーの磁気共鳴作用が高まります。血液も「くぎ」と同じように錆びるのです。西洋医学は血液の錆が病気を招くことを研究していません。人間の血液は(強磁性鉄イオン)は5kg、血液に含まれる鉄イオンは2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。赤血球は「くぎ」と同じように錆びるのです。 毛細血管と赤血球との摩擦熱は血管内皮細胞が活性化、毛細血管を若返らせます。毛細血管の若返りは視力を高め、腎臓の排尿機能を高めます。酸素とブドウ糖と結合した血液を酸化させます。血液を黒鉄(二化鉄)に変え磁気を高めることが大切です。

中国では釈迦は 銅の鐘の下に座っています